車の売却で代車を無料で使う方法

この記事の所要時間: 227

車売却時の代車

買い替えのために車を売る場合、新しい車が納車されるまでの間は車が使えなくなります。
車は売却してしまうと買取業者であれ個人であれ、すぐに引き渡すものなので、新しい車の納車を待つ事が出来ないのでどこかで車を借りてくる必要があります。

車を売り新しい車が納車されるまでの間に貸し出される車を「代車」といい、車のない期間足代わりになってくれるものです。

代車は無料で借りられることがある

代車は無料で借りられることがあります。
車を購入した販売店にもよりますが、多くの自動車販売店では購入者向けの代車を数台用意してあります。
車を買ってくれた人が不便にならないようにと無料で貸し出される事がほとんどです。

代車はいつまでも借りていられるわけではなく、長くても1週間から2週間程度までです。
この間に納車があればよいのですが、販売店の不手際などで遅れてしまうと代車だけ返却を求められる事があります。

代車は便利なものですが、販売店側の都合が優先されるので使い辛いという一面もあります。

代車は有料でのレンタルもありますが、かなりの高額です。
現実的に支払っても良い金額とはとても言えないことが多いので、お金を出して借りるというのはあまりオススメできません。
車を購入した販売店から納車を待たずに代車の返却を求められた時は、車を売った所に相談してみるという方法があります。

車の買取業者にも代車を用意している所がある

車の買取業者、特に全国規模で店舗を展開しているような大手は車を売った人向けの代車を用意してある事があります。
買取業者の代車も中身は同じで、車を売って次の車を購入した人向けの無料サービスです。

借りられる期間は車の販売店と同じく1周間から2週間ですが、買取業者によっては期限を設けておらず、新しい車が納車されるまで借りられる事もあります。
車を売却した店から代車を借りるというのも変な話ですが、代車は新しい車が納車されるまで必ず借りれるという保証がないので、車の買取業者側でも1週間から2週間ほど代車を貸し出すことで、車を売ったがゆえに困る事態をなくし車を売りやすい環境を整えています。

代車の借り方

代車を車を売った業者から借りるときは、代車を借りたいと言うだけです。
その買取業者に代車サービスがあれば、一定期間借りることが出来ます。

代車は現行モデルや最近登場した新しい車ではなく、少し古い車である事が多くなっています。
車種を選ぶことは出来ませんが、普通車や軽自動車、輪ボックスや乗用車といったタイプは選べる事があります。

代車は無料、でも燃料費は実費

代車はそれ自体無料で借りられますが、燃料費は自己負担になります。
返却する時は満タンにして返すのが通例となっていますが、業者によって変わるので問い合わせをしておいてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする