残価設定ローンで買った車を売却したい

この記事の所要時間: 236

残価設定ローンの車を売却

この数年で自動車ローンの新しい形として、残価設定ローンというものが現れました。
残価設定ローンは通常のローンと似ていながらも全くの別物で、車をどう使うかによっては有利な選択になります。

残価設定ローンは「残クレ」と略されることもある貸金業者が提供するものです。
厳密には銀行などの金融機関が提供しているものではないので、ローンではなくクレジットです。
通常のクレジットとは違い返済分の一部を購入した自動車自体で支払う形にするというもので、支払期間と支払う金利が少ないのが利点です。

たとえば、100万円の自動車を残価設定を使い3年払いで購入した場合、3年後に残っている自動車の価値を先に試算します。
3年後の時点で自動車の価値が40万円だと設定したとすると、支払うのは100万円から3年後の車の価値である40万円を引いた60万円と利息になります。
そして、3年すると車自体を貸金業者が残りの貸付金分として引き上げ完済という形にするか、残価として設定されている40万円を一括で支払い車を買い取るかの選択になります。

この残価設定を利用した車の購入は、最終的に車を支払いの一部として貸金業者に引き渡す事になるので、基本的に車が手元に残らないという欠点があります。
限りなくレンタルに近い方法ですが、支払期間が短く返済額も少なめなので、一定期間で車を乗り換える人にとっては負担が少ない方法なので若い層に人気のある車の購入スタイルです。

基本的には残価設定がされたクレジットで購入した車を売る事は、あまりオススメが出来ないのですが売却自体は出来ます。
残価設定の付いている車を売る場合は、民間の貸金業者からお金を借りて購入した時と同じ手順を行う事で売却が可能となります。

残価設定の付いている車はそのままの状態では所有権が貸金業者にある状態なので、今ある借入金と、残っている設定された車自身の価値を金額として出してもらい、それを一括返済して残価設定で購入した車の所有権を渡してもらうしかありません。
しかし、残価設定の利点は購入した車自体を返済の一部に当てることで現金による支払いを減らすというものなので、売却のために残っている返済額を支払おうとするとかなりの金額になります。

上記の例で言えば、3年後の残価として設定されている40万円と、残っている借入金の全額返済をしないと売却する事が出来ません。
車を売るために40万円以上の費用が必要ですが、車を売った時に40万円と残りの支払額を加えた金額以上の査定額が出る事はほとんどありません。
また、残価設定クレジットは変動できない契約期間を設定している事があり、一度使ってしまうと指定された支払期間を過ぎないと違約金を求められるケースもあります。

残価設定クレジットを使った車の売却は、ほとんどの場合で手元にお金が残ることがないのであまりお勧めできません。
家計への負担をさらに掛けてしまうおそれがあるので、特別な理由がない限りは残価設定で購入した車を途中で売る事はやめておいた方が良いでしょう。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする