オークションで車が落札された時の輸送方法

この記事の所要時間: 242

オークションの車の輸送

オークションで車を売った場合、車を買ってくれた人が遠方に住んでいる事があります。

オークションでの自動車売却は成功すれば、買取業者へ売るよりも高い値段で売れる可能性があるという利点がありますが、輸送や手続きは自力で行う必要があります。
車に関する手続きはそう難しいものではありませんが、車の輸送が必要な時は宅配便とは違うので悩ましいものです。

オークションで車が落札された時の輸送方法

ネットオークションに出品した車が落札された時、落札者が遠方に住んでいて車を取りに来られない時は、出品者と落札者の話し合いによって輸送方法を決めます。

自動車の輸送は、ほとんどの場合陸送で運送業者を利用する事になります。

運送業者を利用する

運送業者に依頼して運んでもらう方法で、車両輸送用の特殊な車に乗せて目的地まで運びます。
この方法は運送業者に依頼して行いますが、運送業者によっては対応出来ない事があります。

輸送に専用の大型車両を使うので車検がない車や不動車も輸送できるのが特徴です。
輸送にかかる費用は運送業者によって違いがあり、輸送する車の排気量によっても変わります。

輸送料金の目安はおよそ1000キロの移動で3万円から4万円です。
1000キロは東京から福岡までの距離にあたりますが、発送地と目的地によってはフェリーを間に挟むこともあり、輸送料金は輸送ルートにも影響されます。

自力で輸送する

車を自力で輸送する方法もあります。
自走出来る車で車検があるのなら目的地まで運転して運び、帰りは公共交通機関を利用します。
不動車の場合は危険なので自力輸送はせずに運送業者に依頼した方が安全です。

輸送費用はどちら持ち?

車の輸送にかかる費用は、基本的には落札者が負担する事になります。
ただ話し合い中に輸送費用の負担について揉めることもあるので、オークションに出品する時点輸送費用は落札者持ちであることを明記しておくことをオススメします。

車の輸送にかかる時間

車の輸送にかかる時間は、目的地までの距離や季節、曜日によって変わりますが、輸送業者に依頼した場合は1000キロほどの移動で1日から2日程かかります。
輸送業者によっては依頼を受けて輸送が始まるまで数日から数週間かかることもあり、タイミングが悪いと1か月ほどかかることもあります。
車を輸送業者を利用して運ぶときは、前もって時間がかかることを落札者に伝えておくとトラブルを避けられます。

自力輸送の場合は長距離の場合高速道路内をけん引して運ぶことが出来ないので、一般道を使う事になります。
これはかなり効率が悪く、また速度制限が40キロになるため想像以上に時間もかかるのでオススメできません。

出来るだけ落札者の責による輸送を

オークションでは落札した場合の輸送方法を指定出来る事がほとんどなので、車をオークションで売る時は最初から輸送について、落札者が費用を負担して輸送することを指定しておくと面倒な手間がかかりません。
ネットオークションでは半ば常識になっている事なので、忘れないように条件を提示しておきましょう。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする