中古車売却の時の注意点とは?

この記事の所要時間: 228

中古車売却の注意点

車の買い取り価格は年式や車種、人気度や生産台数などの色々な要素で変わりますが、どんな車でも売る時には
やってはいけない事があるものです。
もし、何も知らずにやってはいけない事を行ってしまうと、その車は本当の価値で買い取られていないかもしれません。
今回は、中古車を売却する時の注意点について記載していきます。

車を売るときにやってはいけない3つのこと

車を売るときには、絶対に遣ってはいけない事がいくつかあります。
その中でもこれだけは何があってもやってはいけないという事が3つだけあります。

ウソをつく

車を高く売りたいのは誰でも同じですが、ウソをついてまで高く売ろうとても失敗する事がほとんどです。

車の売却で主流となっている専門店の買取や、ディーラーなどの買取は最初に必ず査定という車の価値を決める作業を行います。
この時に査定に来た買取業者との話がありますが、この時に車の良い所をアピールして高い価格を付けてもらおうとするのはよいのですが、そこにウソが含まれていると後でトラブルになったり、買取価格が大幅に下げられてしまう事があります。

特に水没車や故障車はすぐに分かってしまうので、車に問題があるのなら隠さずに話しておいてください。

即決売却

買取業者の中には、査定の後即決を迫ってくる事があります。
即決とは文字通り査定後にすぐ車を売ってしまう事で、あまり質のよくない買取業者がよく行う手段の1つです。

このような業者は「今すぐ売れば○万円上乗せ」などとうまい話を持ちかけてくる事が多いのですが、実際には
その上乗せすると言っている金額を本来の見積額から引いているだけなので、口車に乗ってしまうと車を売る相手を選択するという
車を売る人の最大の武器を失ってしまう事になります。

車を売る時は、よほどの理由がない限り即決は避けてください。
即決を求めてくる買取業者には売らない事の方がほとんどの場合で有利な車の売却に繋がるものです。

下取り

今から十数年前は車の買取はほとんど行われておらず、安い価格で下取りをしてもらうのは一般的でした。
現在でも下取りと言う選択はできるのですが、基本的に下取りの場合は買取よりも値段が下回ることのほうが多いので、あまりオススメできません。

ひいきにしているディーラーなどがあれば下取りをしてもらうのもよいのですが、通常は買取業者に買い取ってもらう方が、その車の適正な価格で買い取ってもらえます。
ただし、下取りをする業者によっては買取業者と同じように査定をして価格を決める事もあるので全ての下取りが
良くないという事ではありません。

業者によっては下取りの方が高い価格になる事もあるので、下取りと言う選択肢がある時はそのまま下取りを選択せずに、買取業者の査定を受けた上で高く売れる業者を探してみてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする