車売却のトラブル防止対策

この記事の所要時間: 249

車売却のトラブル防止対策

車を売る方法には色々なものがあります。

現在では一般的な方法である車の買取業者や、車を販売している店舗、中古車店などの車の取引を行う業者への売却の他に、自分で車を買ってくれる相手を探す個人売買、ネットオークション、委託販売、業者専用のオートオークションへ出品する代行出品などがあります。
変わったものには輸出の専門業者への売却や自動車ではなく資源としてリサイクル業者へ売却する方法などがあり、実際の車を売る方法は意外と多いものです。

車を売る場合、どんな方法でも「リスク」と「手続き」が付き纏いますが、これらを最も回避して車を売る方法は車の買取業者など、自動車を取り扱う業者を利用する事です。

安全度を重視した車の売り方

車を売る時には色々なリスクがあり、これらは個人として個人へ車を売るのか、それとも個人として車の買取業者へ車を売るのかによって性質が変わってきます。

個人が個人に車を売る時は、自分で車を買ってくれる人を探す手間や、車が売れた後のトラブルというリスクがあります。
売りたい車があったとしても、買ってくれる人が見つからなければ車を売る事が出来ず、時間が経つと車の価値も下がるので結果として損をしてしまいます。
車を買ってくれる人が見つかっても、瑕疵や譲渡手続き、売却代金の入金に関することや車の引き渡しなどでトラブルが起きることもあり、自分で車を買ってくれる人を見つけて車を売る方法は高いリスクが伴います。
その代わり車の買取業者に売るよりも相場価格に近い値段で売れるという利点はありますが、ひとたび取引相手と揉めるような事が起きれば車を売る所ではなくなる事もあります。

委託販売や代行出品は間に業者が入るので、個人間取引で起こるようなトラブルは少なくなりますが、金銭的なリスクが高くなります。
委託販売や出品代行は利用すると手数料を支払う必要があり、車が売れなくてもその手数料は請求される事があります。
売却に必要な手続きなどは業者側でやってくれますが、手数料が高めなので何度も利用すると車が売れても赤字になってしまいます。

車の買取業者へ売る場合は、車の買取価格が相場よりも安くなるかわりに、これらのトラブルが起きにくくなります。
車を売る時に必要な手続きはほとんど業者側でやってくれる上に、それに対する手数料はかかりません。
また、査定を受けて提示された金額で買い取ってくれるので、車が売れないということも少なくなります。
買取が成立するまでの期間も短いので、早い段階で売却代金を手にすることもできます。

ただし、トラブルが起きにくいかわりに一度トラブルになってしまうと解決が難しいこともあります。
相手が個人ではなく法人になってしまうので、個人でトラブル解決のためにできることが限られてしまうこともあり、時に弁護士などを間にいれないと解決が難しくなることがあります。
しかし、弁護士や裁判といったものに頼るようなトラブルはほとんどおきないので車を売る時に安全度を再優先させるのなら車の買取業者へ売却することが「最適解」になります。

一番の欠点になる買取価格は、複数の買取業者から査定を受けることで大きく変わるため、一括査定サービスなどの無料で提供されているものを利用すると欠点をおぎないながら車を安全に売ることができます。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする