車のオートオークションに出品代行してほしい

この記事の所要時間: 241

中古車のオークションに出品代行

車を売る方法は買取業者に売却する方法の他に、オークションへの出品という方法もあります。

オークションと言えば今や身近になったネットオークションが使いやすく、少数ですが自動車の出品もあります。
ネットオークションで車の売却が成功すると、買取業者に売るよりも高い値段で売れる事が多いので挑戦してみるのもよいものです。

しかし、ネットオークションは車の売り手としての責任というリスクがあり、譲渡に関する手続きや輸送方法の手配といった売却に関する事は全て自分で行う必要があります。
また、ネットオークションは出品者のセンスも大きく影響し、売りたい車の画像や掲載する情報、価格の設定や問い合わせへの返事などもしっかり行わないと、誰も落札してくれずに売れ残る事も多くあります。

車の売り方としては高額で売れる方法ではありますが、売れなければ時間の経過で車の価値が下がるのでハイリスクハイリターンな方法です。
しかし「高い値段で売れる」という可能性は魅力的なものですが、負わなければならないリスクがあるので、少し手が出しにくいかもしれません。

業者専用のオークションに出品する

ネットオークションのリスクを出来るだけ回避しつつ、オークションという車の売り方が出来る方法もあります。
オークションといってもネットオークションではなく、車関係の業者のみ参加できるオートオークションでの売却を目指す方法です。
通常はオートオークションへ参加出来るのは、車の販売や買取を行っているという実績のある業者のみです。
これは例外がない条件なので、一般の人がオートオークションに売りたい車を出品する事は出来ません。
しかし、裏技的なことを使うとオートオークションへの出品が可能になります。

オートオークションへの出品は業者を変えるだけ

現在の車の売り方は、買取専門業者や販売店への売却が主流です。
車の買取業者や販売店が買い取った車は店頭に並べて売る事もありますが、多くはオートオークションに出品して処分します。

この一連の流れは業者が買い取った車で利益を上げるために行う事ですが、もしこの流れを「請け負う」という形にしたらどうなるでしょうか。
オートオークションへの出品は、この一連の流れを業者の利益ではなく、車を売る人のために行ってもらう事で成立します。

この方法は出品代行と言われるもので、オートオークションへの参加権利を持つ業者に売りたい車を預けて、代わりに出品してもらうという方法です。
依頼には出品に対しての手数料と、落札された時に落札手数料、オークション会場までの輸送費を支払う必要がありますが、それでも落札された場合は相場に近い値段で売れるので、手数料を支払っても十分な利益を得られます。

ネットオークションとの違いは、譲渡手続きなどは出品代行のサービスの中に含まれている事が多いので、特に手間がかかりません。
代行を請け負っている業者が少ないので使いにくい方法ですが、成功すれば大きな成果が期待できます。
ただし、売却に失敗しても手数料や輸送費は必要なので、利用するときはリスクの事をよく考えてから決めてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする