走行距離で変わる車の査定額

この記事の所要時間: 238

走行距離で変わる車の査定額

車の価値を大きく左右するものは、車種、年式、損傷した部分の有無です。
これらの要素は車を使っていくうちに必ず古くなっていき、劣化していくものなので中古車の価値を決める大事な要素になっていますが、もう一つ中古車の価格を大きく左右するものがあります。

走行距離でかわる中古車の価値

自動車は使えば使うほど走行距離が伸びていくものです。
走行距離はその車のオーナーの生活環境によってもその伸び方は変わります。
毎日の通勤に使っているのなら走行距離は伸びやすくなり、買い物などの短時間の利用なら走行距離も短めになります。

走行距離はその車の使用頻度を表すもので、車を売る時の査定に影響しやすいものです。

自動車は消耗品

自動車は乗り物であると同時に、消耗品でもあります。
消耗品である以上、自動車は使えば使うほど劣化していくものです。

自動車が時間だけではなく走行距離によっても劣化いきますが、使い方によっては時間よりも走行距離での劣化の方が早く進むため、自動車の査定にも影響を与えやすい要素になっています。

走行距離でどのくらい査定額が落ちるのか

走行距離が査定額に与える影響の目安は、5万キロ程度からと言われています。
車の買取業者が査定を行った時、走行距離が5万キロを超えていると査定にマイナス評価が入るようになります。
7万キロを超えるとさらにマイナスの度合いが多くなり、10万キロを超えると査定額が大幅に下がります。

走行距離が査定に与える影響は、買取業者によってその基準は誤差がありますが、おおむね5万キロを超えたあたりから査定額に影響すると考えて問題ありません。

走行距離と年式

走行距離と年式は、どちらも車の査定額に影響を与えていますが、どちらが優先されて影響を与えるかはその車の使用状況次第で変わりますが、走行距離の方が査定額に影響を与えやすくなっています。

どちらもマイナス評価になるものですが、マイナス査定の度合いが走行距離と年式では異なります。

どんなに年式が新しくても、走行距離が伸びている車は酷使されていると判断されます。
年式が新しい事は査定に有利になりますが、走行距離が年式にそぐわないほど伸びてしまうと大きく車の査定額を落としてしまいます。
たとえ最新の車種で年式も新しい車だとしても、1年も経たずに5万キロや10万キロもの走行距離になってしまえば、売ろうとしても査定で大幅な減額をされる事も珍しくありません。

年式が古くても、走行距離が短ければあまり使っていないという事なので、大事に使われていて状態が良い車として査定も良い評価になりやすくなります。
あまり古い年式ではさほど意味がありませんが、年式よりも走行距離のほうが査定への影響が大きいので、あまり乗らない方が高い値段で車が売れやすくなります。

走行距離は、車の寿命を示すものです。
長くなればなるほど年式などの条件以上に査定額を下げてしまう要因になってしまうので、車を高く売りたいのなら走行距離を気にして車を売る時期を検討してみてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする