車の下取りと買取の違いは?

この記事の所要時間: 224

車の下取りと買取の違い

車の処分方法には、「換金」という意味合いに限定すれば「買取」と「下取り」があります。
どちらが良いかは買取が主流になった現在では難しいのですが、一般的には買取の方法が良いとされているようです。
しかし、下取りの方が買取よりも引取り価格が高い事もあるので、一概にどちらが良いとは言えなくなっています。

下取りと買取はどう違うのか

買取と下取りの大きな違いは、車を売った代金を現金で受け渡すかどうかです。

買取の場合は車の買取業者が査定を行った後、売却を承諾すれば査定で示された現金が支払われます。
現在は現金を手渡しされる事は少なく、後日指定された金融機関の口座へ入金されます。

金融機関への口座に入金されるようになった理由は、訪問査定のあとに本当にその価格で買い取って良いのかを買取業者が調べる作業が入るためで、ここで問題があると査定額が引き下げられる事があります。

売却を選択する利点は現金を手にする事が出来ること、下取りよりも車の価値が高く見られる傾向がある事です。
下取りよりも高い価値が付けば、次の車の購入資金にする時にも有利になります。
また、代金が現金で支払われるので、次の車を買う場合は購入する店を選択出来るという利点もあります。
欠点が特にないのも利点の一つですが、業者による査定額の差が激しい事も多いので、一括査定などで複数業者からの査定を取らないと適正価格で売れない事があります。

下取りは新しい車を購入する時に、今まで乗っていた車を車を購入する店に引き渡すことで購入する車の代金を差し引くというものです。
下取りは昔から行われてたものですが、本来の車の価値よりも価格が安いことが多かったために、買取業者への売却を選択するが良いとされていました。

現在でもその傾向はありますが、車の買取専門業者の数が増えために、下取りも査定を行った上で適正価格を決める業者が現れているので、下取りが必ずしも売却に劣るとは言えなくなっています。
また、車の購入店に下取りを依頼すると売却するよりも高い下取り金額になる事もあるため、売却よりも下取りを選択した方が良いケースも出てくるようになっています。

結局どちらが特をする?

車を高く売るという事を優先するのなら、現在は買取業者への売却も、車の販売店への下取りも利点があるためにどちらが良いということは言えなくなっています。

もし、車を売った売ったお金を次の車の購入代金にするのなら、買取業者の査定と同時に、車を購入する店舗の下取り査定を受けてください。
買取と下取りの査定を行えば、その中から一番有利な選択をする事が出来ます。

車の売却代金を次の車の購入にあてないのなら買取業者への売却一択になるので、特に考える事なく買取業者の査定だけ受けておきましょう。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする