シエンタの買取の相場は?

この記事の所要時間: 237

シエンタの買取の相場

シエンタはトヨタが販売しているミニバンタイプの乗用車で、5ナンバーミニバンの中でも特に人気の高いものです。
現行のシエンタはハイブリット化されているため、車を売る時にも高い値段で売れやすくなっていますが、従来のガソリン車も価格は安定しているので高い査定額を期待出来ます。

他の自動車メーカーからも同じようなミニバンが販売されていますが、現行モデルでは競合車が少ないので選択肢自体が少ないために、このタイプの車はどのメーカーのものでも中古価格が安定しているため高く売れやすくなっています。

シエンタの場合は登場したのが2003年と初代がすでに12年ほど経っているので、売る時には売却価格に年式の影響を受けてしまいますが、それでも年式相応の価値は保たれています。

現行機種に初代が含まれている少し珍しいタイプの自動車で、初代に当たるタイプが2015年まで生産されていました。
現在は2代目となるタイプに切り替わっていますが、初代のシエンタも年式が新しければ十分価値があるので高く売れます。

まだ販売されて間もない2代目のシエンタも新しいモデルのため売りに出した場合、高額な査定が出やすくなっています。

シエンタを高く買取してほしい

シエンタは7人乗りの乗用車なので、後部座席を倒すと、ある程度の荷物を運べるという利便性の高い車なので、家族の多い家庭や仕事で道具を常に手元に置いておかないといけない人などに人気のある車です。
車体が小さいのも人気の一つで、その人気は中古価格にも影響をしているため、車の買取業者に査定を依頼すると高額査定が出やすくなっています。

ただし、年式による減額が大きい車種のようで、古い車種になると大きく査定額が下がってしまいます。
とは言え、年式に応じた相応の価格には収まっているので、全体的に見ても高値で売れやすい車です。
年式の他にも走行距離の影響が他の車種と比べて大きいようですが、10万キロを超えた走行距離でも10万円以上の査定額が出る事もあり、古い、または走行距離が伸びている場合でも一定の査定額を期待出来ます。

シエンタを高く売るには、年式と走行距離が重要な要素になりますが、工夫次第ではもう少し査定額を上げる事も出来るかもしれません。

シエンタを売る時の注意点

シエンタはトヨタの販売する自動車なので、トヨタの運営する中古車店「T-UP」を加えて、他の買取業者にも査定を申し込んでみてください。
車の製造メーカーが運営する中古車店は自社の車の買取に強い傾向があるので、査定額に違いが出る可能性があります。
それでも確実ではないので、他の車買取業者からも査定を取り、査定額を比べてから売却する業者を決めると、その車の一番高い価格で売ることができます。

少なくともT-UPを含め3社以上から査定を取っておけば、シエンタを高く売れやすくなります。

査定の申し込みには、無料で使える一括査定が便利です。
数分で買取対応できる業者に査定依頼ができるので、手間を掛けること無く複数業者での査定が出来ます。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする