車の査定の注意点って何?

この記事の所要時間: 225

車の査定の注意点

車を買取専門業者や販売店などに売る時には、車の買取額を決める査定が必ず行われます。
この査定は買取業者にとって自動車としての価値を決める重要な作業であると同時に、車を売る側にも売りたい車の価値がその場で決まってしまう大事な場面です。

車を売る側からすれば出来る限り高く売りたい所ですが、査定の進行はどうあがいても買取業者が主導権を握ったまま進んでいきます。
その主導権にどれだけ割り込めるかで査定額にも影響を与える事が出来ますが、それには売りたい車の情報や知識が必要になります。
もし知識も情報もなければ、査定は最後まで買取業者の一方的な優位を保ったまま進められる事になります。

買取業者と売り主から見た査定は違う

車の査定とはその車を中古車として見た場合の価値を決める作業です。
査定は車の買取業者から見たものと、車を売ろうとして査定を受ける人から見たものは全く違うものになります。

車の買取業者から見た査定

車の買取業者から見た査定は、その車を買い取って利益が出るかどうかを見るものです。
あくまで企業としての利益を出すために、自動車の所有権を持つ人から売りたいという意思が出ているものを買取業者の都合のいい値段で買うために行うものです。
そこに車を売りたい人の意思が入り込む事はなく、淡々と車の買取業者が利益の出る価格で買い取るという目的を果たすために進められます。

車を売る人から見た査定

車を売る人から見た査定は、売りたい車がある一定の価格以上で売れる事を求める、あるいは自分の中で決めた売値を買取業者が出す事を求めるものです。
車を売る側からすれば、少しでも高く売るのを期待するのは当たり前ですが、主導権が買取業者にある以上通常の会話では査定に影響を与える事は出来きません。
主導権を買取業者が持っている以上、査定額は車を売る人ではなく買取業者の都合によって決められます。

買取業者と車を売る側の「良い査定」は相容れない

買取業者の良いとする査定は、車を出来るだけ安く買い取る事を目的にしています。
いくら高額買取を掲げていたとしても、安く買えば買うほど利益がでるので買取業者からすれば安い査定額が望ましいものです。
車を売る側は少しでも高い査定額が出ることが良い査定なので、双方の良い査定は相反するものになっています。

車の買取業者はこの事をよく理解しているので、査定に踊らされてしまうと車の査定額は期待したものにはなりません。
買取業者の査定に踊らされないようにするには、売りたい車の相場価格を調べておく、他の買取業者からの査定も受けておく必要がありますが、それでも会話に乗せられる事もあります。
車の買取業者の行う査定は、車を売りたい人のために行われるものではないと言う事を忘れないように査定を受けてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする