車の査定に影響するボディカラー(人気色)とは?

この記事の所要時間: 227

車査定に影響する色

車には車種の他にも色という要素があります。
最近の自動車は昔に比べて色のバリエーションが沢山増えているので、好みの色を選びやすくなりました。
色が増え選択の幅が増えたのは良いのですが、その分中古車として売る時に色の影響も大きくなってきています。

売りたい車の価値を決める車の色

昭和の終わり頃までは、車の色と言えば白と黒、メタリック系というのが一般的でした。
赤色や黄色も使われていましたが、全体の数から見れば少なかったために走っている車に少し混じるくらいでした。

特に軽自動車はほとんどが白という選択肢のない状態だったのですが、この流れは現在でも続いています。
「続いている」と言っても色の選択肢が増えていないという意味ではなく、昔からの流れで車の色の人気もある程度定まっているという意味です。

車の色は、どんな車種であれその自動車の人気度に関係しています。
たとえ車種自体が人気があるとしても、色によって人気のないものも出てきます。

買取業者に車を売る時は中古車として買い取られますが、中古車の相場価格はその車の人気度にも左右されます。
買い取られた車はほとんどの場合、車の売買をしている業者しか参加できないオートオークションに出品し、落札される事で差額を利益としています。
オートオークションでは多くの車が出品されては落札されていますが、人気のある車であるほど落札されやすく、また高い値段で取引されています。
その反面、人気のない車は落札されにくく、取引価格も安くなりがちです。

例え人気のある車種でも、色自体の人気がなければオートオークションでの取引価格は人気のある同じ車種に比べるとどうしても下がってしまいます。

そのため、車の色によっては査定額が安めになってしまう事があります。
これは元々の車の色が原因となっているので、車を売る側にしてみればどうする事も出来ません。

人気のある色とは?

車の人気色はトレンドとして、海外の自動車の塗料を作るメーカーが数年先まで分析しています。
日本ではホワイト系が安定の人気があり、次いでブラック系の色が人気になっています。
残りはブルー系の色で、白と黒、寒色系が人気となっています。

これから売りたい車が白系統や黒系等、青系等の色である場合、その車は人気色として査定額に良い影響を与える事が期待出来ます。

人気のない色でも高く売れない事はない

たとえ人気のない色だったとしても、自動車売却の鉄則さえ守っていれば高く売ることは十分期待できます。
一括査定サービスなどを利用して複数業者からの査定を受けておけば、最高値の査定を出した買取業者を選べるので一番有利な車の売り方が出来ます。

車の色は買った時に決まってしまうものでどうしようもありませんが、一括査定サービスを使えば大きな影響はありません。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする