車の査定を上げる方法とは?

この記事の所要時間: 230

車の査定を上げる方法

自動車の査定は、「上がるもの」だと思ってはいないでしょうか。

車の買取業者広告などをみると、「査定アップ!」という言葉を目にすることが多いのですが、実際は査定が上がるという事はありません。
買取業者の行う自動車の査定とは、減点方式なので査定額を上げるという事は実際にはありえない事です。

車の査定は減点方式

車を買取業者に売る場合、査定が必ず行われます。

査定には買取業者ごとに独自の基準があり、その基準は中古車の取引が行われるオートオークションの取引価格を参考にして決められます。
基準となっている価格は、オートオークションでの取引価格から20%割から40%ほど差し引かれた価格になっている事がほとんどで、業者の定めている査定の基準額は車種や年式によって違いがありますが、査定をする車の最高買取額となるものです。

査定はこの最高買取額から減額される形で進められるので、「査定額が上がる」ということは現実的に起こりえない仕組みになっています。
車の買取業者が「査定額アップ」と表現するのは単純にその方が分かりやすいためですが、実際に行われる査定とは全く違うので誤解を招く事もあります。

実際の査定の流れ

車の買取業者が自動車の査定を行う時は、最初に車種と年式、車体の色を確認します。
そしてその車の基準額を決めて、査定をしながら基準額から減額していきます。
査定が終わると基準額から査定によって減額された分を引いて、正式な「査定額」として提示されます。

この流れの中で査定額が上がる事は一切なく、減額されるかされないか、減額される場合はどのくらい減額するかしか判定していません。
査定によって減額される金額は、ほとんどの場合数万円単位なので、1カ所減額されるだけで大幅な査定額のダウンに繋がります。
しかし、査定において「減額されない」という事は、どんな部位でもほとんどありえない事なので、減額される金額をどれだけ抑えられるかが高い査定額を導き出すために求められます。

基準額が上乗せされる事がある

買取業者が定める車の基準額は、稀に上乗せされる事があります。
上乗せされる要因はオプションの有無や人気のある後付けパーツが付いているなどで、この場合は査定額の基準が上乗せされる事があります。
ただし、上乗せされる金額は少額なので大きな効果はなく、数字的に見ても高い場合で数万円ほどの差しか生まない事が多いものです。
上乗せ分があれば車の査定額は上がりますが、減額される金額の方が多いのが普通なので、あまり期待はできません。

査定の仕組みは車を売る方にとってはかなり厳しいものになっていますが、一括査定サービスを利用する事でその厳しさはある程度緩和されます。
「ある程度」と言っても査定額にすると大きな差になる事も多いので、車を売る時は一括査定サービスを利用して「車を売る業者」を選んで有利な車売却を心がけてみてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする