車の査定に影響するペットの臭いや汚れを取る方法

この記事の所要時間: 243

車の査定に影響するペットの汚れ

車にペットを頻繁に乗せていると、気付かないうちに独特の匂いが車内に染みこんでしまう事があります。
ペットと一緒に暮らしている人には分からないものですが、ペットの臭いは他の人にすぐに分かってしまうものです。

車を売る時は車内の臭いも査定で見られるので、ペットの臭いがあると査定額に悪い影響を与える事があります。
ペットの臭いは普通の掃除でも取れない事はないのですが、臭い自体が独特という事もあり、かすかな臭いでも感じ取れてしまう事も多いものです。

車内に染み付いたペットの臭いを消す方法

車を売るのならペットの臭いはできるだけ消しておいた方が良いのですが、通常の掃除では効果が出にくい事もあります。
しかし、ペットの臭いは掃除のやり方次第でかなり改善されます。

ペットの臭いは通常の臭いと同じく、シートに染みこむ事が多いものです。
そのため、シートをしっかりと掃除をすれば臭いはかなり和らぐのですが、さらにペットの臭いを取りたい時は少し違った方法を取る必要があります。

洗剤を変えてみる

ペットの臭いはシートに染み付いていることが多いのですが、臭いの原因はほとんどアルカリ性です。
普通の洗剤は中性である事が多く臭いを取ることが難しいため、少し工夫をする必要があります。

ペットの臭いがアルカリ性なので、通常の洗剤ではなく、酸性であるクエン酸を使うと臭いが取れやすくなります。
クエン酸を使った車内の掃除は簡単で、クエン酸を水に溶かしてきれいなタオルに染み込ませてシートを拭きあげるだけです。
すると乾いた後にペットの臭いが少なくなります。
拭きあげて乾いた後にクエン酸をシートにまいて、1時間ほど放置しておくと、さらに臭いが和らいでいきます。
最後に掃除機などで吸い取れば、ペットの臭いはクエン酸が中和しているので車内からペットの臭いを感じにくくなります。
あまり多いクエン酸を使うと、乾いた後に白い点が出来てしまう事があるので使いすぎに注意してください。

クエン酸はグレードによって価格が変わりますが、掃除に使うのなら「掃除用」のもので十分です。
掃除用のクエン酸は100円ショップやホームセンターなどで購入できます。

クエン酸はその名の通り酸性の物質なので、車内の樹脂部分などに長時間触れると変色する事があります。
万が一変色などがおきると査定に影響するので、使用するときは十分に注意してください。
また、塩素系の漂白剤と混ぜると塩素ガスがでて危険なので、決して混ぜないようにしてください。

酸素系漂白剤を使う

ペットのそそうなどでシミがあるときは、酸素系漂白剤が役に立ちます。
シミの部分に酸素系漂白剤を適量ふりかけて、水を少し垂らしてしばらく放置するとシミは取れます。
シミの程度によっては完全にとれないこともあるので万能ではないのですが、多少のシミであればきれいになります。
シートの材質によっては変色することもあるので、最初に目立たない部分で試して確認をしておくことをおすすめします。

ペットの臭いは車の査定額にとって大きなマイナス要因なので、臭いは査定を受ける前に出来るだけ取っておいてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする