ローン中の中古車を売却したい

この記事の所要時間: 241

ローン中の中古車の売却

ローン中の中古車を売却するには、どこでローンを組んだかによって売り方が変わり、売却に必要な手続きも違いが出てきます。

ローンと車の売却

車をローンで購入した場合はお金を借りて車を購入したという事ですが、どこでお金を借りたかが車の売却の進め方に関わってきます。

お金を借りて何かを購入することを「ローン」と総称されることが多いのですが、実際はどこからお金を借りたかで名称が違います。
「ローン」とは銀行や金融機関からの借り入れを指すもので、それ以外の民間貸金業者から借り入れをした場合は「クレジット」と言われるものです。
車を購入する時に、銀行のカーローンを利用した場合は「ローン」ですが、車を購入した販売店の用意したものは通常「クレジット」である事がほとんどです。

ローンとクレジットでは車の売り方に違いがあるので、最初に車を購入した時に利用したのが「ローン」なのか「クレジット」なのかを確認してみてください。

車を購入した時に銀行などの金融機関から借り入れをしていた場合

車の購入時に銀行などの金融機関が提供しているカーローンなどを使っていた場合、車は通常の買取と同じ売り方ができます。
銀行から借り入れをして車を購入した場合は車の名義が購入者になっているので、そのまま売却ができます。
車を売却しても借り入れはそのまま残り、完済するまで返済は続きます。

車を購入した時に貸金業者から借り入れをしていた場合

車の購入費用を貸金業者から借り入れていた場合、少し面倒な事になります。
貸金業者から車の購入目的でお金を借りている場合、車の所有権が貸金業者になっています。
購入者はあくまで「車の利用者」という扱いなので、車の所有権を持っていません。
そのため、そのままの状態で売ろうとすると他人のものを勝手に売却することになってしまうので、売却しようとしてもできません。
何らかの方法で売却をしたとしても後から大きなトラブルを招く事になります。

貸金業者から借り入れをしている場合、まずは返済を完了させて車の所有権を自分に移すか、売却と同時に返済を済ませて差額を受け取るかのどちらかを選択することになります。
返済を済ませる場合は一括返済になり、借り入れ額によっては負担が大きいために選択出来ない事もあります。
また、返済できたとしても車の所有権を移動することを求めないといけないので時間がか車の売り時を逃すことがあります。

売却と同時に返済する方法は、車を一旦買取業者へ売却して売却代金を貸金業者への返済にあて、余った分を受け取る方法です。
この方法は手続きが面倒ですが、買取業者が代行してくれる事も多くあります。

ただし、車の買取金額が返済額に届いていない場合は現金で不足分を支払う必要があります。
この場合は借入金を減らす必要がある場合は有効な手段ですが、そうでなければ車を売る意味がなくなります。

ローン中の車を売る事はできますが、お金を借りた先によって結果も売り方も変わります。
査定額によっては売らない事が最良の選択になることもあるので、よく考えて売るかどうかを決めてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする