車売却でオンラインと訪問査定は違う?

この記事の所要時間: 225

オンライン査定と訪問査定

ネット上で売りたい車の査定が出来る「オンライン査定」は、車の買取業者の多くが用意しています。
パソコンやスマホを使って手軽に行える事もあり、車の売却を考えている人だけではなく、今自分が乗っている車がどの位の価値なのかをお試しで調べるためにも使われるようになりました。

オンライン査定は手間がかからない、人と接触しなくても行えるという手軽さで人気なのですが、オンライン査定と実際に行う査定では内容が違うため、時には査定額に大幅な違いが出る事があります。

この事を知らないと、オンライン査定の結果が良かった場合を期待して車を売ろうとした時に、ガッカリしてしまう事にもなってしまいます。

オンライン査定と実際の査定の違い

オンライン査定と実際の査定の違いは、売ろうとしている車を買取業者が実際に確認したかどうかです。
オンライン査定の場合は車を売りたい人や車の価値を知りたい人が、あらかじめ用意されている質問に答える形で進んでいきます。
質問の内容は車種、年式、走行距離と車体の色やキズ、事故歴の有無などで、現在の車の状態に関する質問がしばらく続きます。

最後に質問の答えから査定額を導き出すのですが、車の状態は入力された情報のみで実際に買取業者が車を見て確認していないため、正確な査定履ではありません。
オンライン査定で100万円の査定額が出たとしても、実際に車の買取業者が査定をしたら10万円だったという事は普通にありえます。
オンライン査定の中には車の画像を添付出来たりする事もありますが、ほとんどの場合でオンライン査定と実際の査定額には大きな差が出てしまいます。

オンライン査定はほとんどの場合で車種と年式、走行距離で査定額を判断しているため、実際に査定した時の査定額とはどうしてもズレが起きてしまうのです。
また、オンライン査定を利用する人が査定額を上げようとして正確ではない情報を入力する事もあるため、実際の査定額とオンライン査定額の査定額には必ず差が生まれてしまいます。

例えオンライン査定で正確な情報を入力したとしても、実際の査定額と大きな差がでてしまう事もあるため、オンライン査定の結果=実際の買取額だと思い込むのは辞めておいた方が良いものです。

正しいオンライン査定の使い方

オンライン査定は入力された情報で査定額を出すので、出来るだけ正確に情報を伝える事と、出された査定額は売りたい車の状態が最も良い時の値段だと考えてください。
画像の添付が出来る場合は、外観だけではなくエンジンルームの画像も添付すると、査定額の差が多少小さくなる事もあります。

最近のオンライン査定は実際の査定額との差も少しづつですが埋まってきています。
しかし、それでもまだまだ差の幅が大きいので、オンライン査定の結果はあくまで参考程度に留めておいてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする