車の売却は持ち込みでの査定は厳禁

この記事の所要時間: 226

車売却の持ち込み

車を買取業者に売る時は、必ず査定という売りたい車の価値を決める作業が必要になります。

査定を受けるには電話や一括査定などを利用して買取業者に自宅や勤務先などに来てもらい査定を行う「訪問査定」と、買取業者の店舗に自分で売りたい車を持って行き査定をしてもらう「持ち込み査定」の2種類があります。

買取業者の中には持ち込み査定に査定アップなどの特典を付けている事もありますが、持ち込み査定は車を売りたい人にとってあまり良い選択ではない可能性があります。

持ち込み査定を避けた方が良い理由

持ち込み査定は訪問査定とは違い、自分で車の買取業者の店舗へ行くという事です。
当然、査定は店舗内で行われますが、その店舗内には買取業者の従業員しかいません。

他に持ち込み査定に来ている人がいる事もありますが、基本的には店舗内は仕切られていたり、客同士が接触しにくいように離れた場所にテーブルが置かれているので、持ち込み査定で店舗を訪れると周りは買取業者の従業員だけなので完全に孤立した状態になります。

買取業者によってはこの状況を利用して少々強引なことをする事があり、車を売りたい人にとっては周りに誰も助けを求められる人がいないので、ここぞとばかりに畳み掛けて車を売らせようとする事もあります。

全ての買取業者が持ち込み査定の時に強引な事をしてくるわけではありませんが、少なくとも持ち込み査定は買取業者のテリトリーの中に入って行く事になるので、強引なセールスをしてきた場合切り抜けることが難しくなります。
立て続けに話しかけられ、断ろうにも割り込むスキを与えずにその場を去るタイミングさえ与えないので、気の弱い人はその場を逃れるために不本意な車の売却をしてしまう事もある悪質行為の一種です。

悪質行為の中でもたちが悪く、キャッチセールスの亜種とも言えるタイプです。
例えクレームを入れても元々そういう買取を狙っているので責任を押し付けられるようなことを言われることもあり、不快な思いをするだけになります。

車の買取業者のほとんどは持ち込み査定でも誠実な対応をしてきますが、全ての買取業者が誠実とは限りません。
そのため、車を適正な価格で売るための自己防衛方法として、持ち込み査定はしない方が安全です。
もし、どうしても持ち込み査定をしたいのなら、買取業者の質をしっかりと見定める必要があります。

一番効果的なのは一括査定サービスの利用です。
一括査定サービスは車の買取業者の登録に条件を定めているので、悪質な行為を繰り返し行うような業者は登録ができず、また登録していたとしてもクレームが多くなれば排除されます。

一番良いのは訪問見積りだけを利用することですが、何らかの理由により店舗での持ち込み査定を必要とする時は、まず一括査定サービスを利用して買取業者を選択してみてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする