壊れた車は買取出来るの?

この記事の所要時間: 239

壊れた車の買取

車は何らかの理由で壊れてしまう事もあります。
壊れたら修理をすれば良いのですが、修理費用が高い、部品が入手できず修理が出来ないという事もあるため、走行させる事が出来ずにお荷物になる事もあるものです。

そんな困ったお荷物の壊れた車も、車の買取業者は買い取ってくれます。

壊れた車を高く売るには

壊れた車も買取業者が買い取ってはくれるのですが、残念ながら走行できる車に比べればその査定額は大幅に下がってしまいます。

壊れた車の査定額は、年式や車種の他にどこまで壊れているか、何が原因で壊れたのか、修理ができるかどうかと言った事も考慮されて決まります。
壊れている車は「壊れている」という致命的な欠陥があるので、査定に色々な要素が入ってくるとしても、その査定額は安くなります。
壊れた車は高く売ろうとしてもまず無理なので、「高く売る」の基準を変え、高く売ることよりも「どれだけ現金を回収できるか」を重点に置いて考えます。

壊れた車の価値は状態で決まる

壊れた車の場合、自走できるかどうかでその価値が大きく変わります。

自走できるのなら修理をすれば再び車としての価値が生まれるほか、エンジンなどの部品も正常である可能性が高いのでスペア用の部品取りとしての価値もあるので、買取価格も多少高めになります。

自走できない場合でも、部品取りとしての価値があれば車の買取業者は買い取りますが、自走できないと査定額はあまり期待できません。

年式や車種でも変わる

自走の可否の次に査定額に関わるのが年式や車種です。
壊れている車は車種や年式によっては高額で売れる事もあります。

高い値段がつく条件は、レアな車で人気があり、生産が終了していて修理に使える部品が入手できないと言った、かなり限定的な条件ですが、条件に当てはまるのなら想像以上の価格で売れます。
ビンテージカーともなれば、壊れていてもそれなりの価値があるので、正当に査定が行われれば0円であったり数千円、数万円という査定は出ません。

他にも高い査定になるのは現行モデルの車です。
最新の車であれば、例え壊れていても良い値段で買い取られます。

実際はかなり厳しい

壊れた車にも価値があるので買取対応をする業者も多くあるのですが、実際のところは0円査定が出る事も多く、壊れた車を売るのはかなり厳しいと言えます。
年式が新しい、自走が出来るといった条件が整っていれば、壊れている車でも正当な査定が行われれば0円査定が出るという事はほとんどありませんが、質の悪い買取業者は0円査定を出す事もあるので自衛も必要です。

自衛のために有効なのは一括査定の利用で、複数業者から査定を取ればそれぞれの業者が独自の視点で査定をするので0円査定も出にくくなります。
もし、本当に価値がなく0円査定、無料引取りになっても車の処分費用がかからなくなるので、それだけでも得をします。

壊れている車は良い値段では売れにくいので基本的にはあまり期待しない方が良いものですが、中には例外もあるので査定だけでも受けてみてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする