車売却の契約について

この記事の所要時間: 00

車を売るということは何を意味するかを考えた事はあるでしょうか。

これから車を売ろうとしている方々に是非知っておいて欲しいのは、車の売却は契約を伴うものだと言う事です。
自動車専門の買取業者が登場し、その数も増えている中で車を売ること自体が簡単になっていますが、車を売る事が簡単に出来ても、その中身は難しいルールで細かい所まで決められています。

そして、その決められている事の多くは守らなければ面倒なトラブルの引き金になってしまう事があります。
車の売り方は簡単でも、決して甘く見てはいけないのが自動車を売るという行為です。

車を売ることは契約

車を売る相手が専門の買取業者であれ、個人であれそれ自体は「売買契約」という契約の上で行なわれます。
契約は車を売る上でのルールを決めているもので、守らなかった場合は不可抗力であれ意図的であれペナルティが発生します。

契約には「約款」というルールを定めたものがあります。
約款は法律で守られているもので、約款に書かれている事を守れないと法的な権利に基づいた制裁を受ける事があります。
制裁のほとんどは違約金や損害金と言ったお金の支払いを求められるという内容です。

他にも、責任を放棄するものや車の引き渡しは売却代金の支払い方法、裁判になったときの裁判所をどこにするかなどを細かく決めてあります。

約款は誰が決めるのか

約款は車を誰に売るかで作る人が変わります。
車の買取業者に売却するときは買取業者が約款を作っているので、売却する時には車の買取業者と売買契約を結んで約款の内容を了承した事になります。

個人売買などは自分で約款を作る事になりますが、公開されている売買契約用のテンプレートを使う方法もあります。

契約には有利と不利がある

契約は契約を結ぶお互いが対等な条件で結ぶのが理想なのですが、実際はどちらかが不利な条件になっています。
車の買取業者に売る時は、約款を買取業者が作っているのでその内容は買取業者に有利になっています。
トラブルが起きた時や査定についてなどは基本的に車を売る側に有利な事はありません。

車を売る側に有利な約款は、売却に関わる諸手続きを業者側で行うこと、引き渡しも業者側で輸送手段を作ることなど、個人では手回しが難しいことを代行してくれるという事です。

契約書にサインをする前に約款を読んでみよう

約款は難しい言葉で書いてありますが、車を売る前に一度目を通しておく事をオススメします。
分からない部分があれば買取業者に説明を求めてみてください。
もし詰まること無く内容の説明ができる買取業者なら、細かい部分にもしっかりと気を回せる業者かもしれません。

車を売るという事は、相手を契約という約束をする事です。
自動車を売る事は簡単ですが、中身は難しい約束事があり、約束を守れなければ手痛いペナルティがあるとだけ覚えておいてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする