事故車を高く売るためには?

この記事の所要時間: 224

事故車を高く売る

車は移動時にかなりの速度を出す必要がある場合も多く、一度事故を起こせば大きな損傷を受けてしまいます。
事故によって損傷を受けて自走ができなくなったり、車の形状をとどめておらず、修復ができない状態のものを「事故車」といい、基本的には事故を起こして車としての機能を失った時点で車としての価値は失われてしまいます。
そのため、「車」としての売却はほぼ絶望的になります。

車が事故を起こしても、修理で直せる程度の損傷ならなら良いのですが、そうでなければ単なる鉄くずと同等の粗大ごみになってしまいます。
しかし、事故車という巨大な鉄くずでもお金に出来ないかと言えばそうではありません。
例え車としての役目を終えた事故車でも、価値が残されている事があるので売却する事も可能です。

事故していても大丈夫?売却できる事故車

事故で車としての機能を失ってしまった事故車と言われる状態のものでも、その状態によっては売ることが出来る場合があります。

事故車の需要は意外とあるもので、損傷がない部分からパーツを取り出して再利用するための素材として使われます。
国内で事故車のパーツが使われる事はあまり無いのですが、海外に目を向けると輸出された中古日本車の修理用部品としての需要が高いために事故車でもある程度の価値を持っている事があり、状態によっては売却出来る可能性が出てきます。

事故車を売却する場合は買取業者によって対応していない事もありますが、大手の買取専門店であれば買取対応が出来ます。
また、一括査定を利用すれば事故車の買取に対応する業者を簡単に見つけられます。

査定額は0円から

事故車の場合は車としての価値がほとんどない状態なので、査定額はあまり期待できません。
車の価値は失われているため、損傷を受けていない部品がどれだけ残っているかが査定額を左右しますが、需要のない部品しか取れない、損傷がひどく部品さえ取ることが難しい場合は0円査定が出る事も多くあります。

利用できる部品が多く取れる場合でも、高いもので数万円程度です。
しかし例外もあり、現行モデルや人気のある車種、クラシックカーなどは事故車でも損傷の程度が軽ければ10万円を超えることがあります。
事故を起こした車の価値が高ければ高いほど事故車の査定も高くなる傾向があり、その分査定額も高くなるので事故車といえども軽くは見れない金額が回収できます。

査定額は通常の売却と同様に買取業者によって差がありますが、問題のない車の売却と比べるとその差はあまり出ません。
とは言え、大きな差が出ないという事ではないので、複数の買取業者から査定を取った方が高く売れる可能性があります。
ほとんどの場合微々たる差しかありませんが、1円でも高い値段を目指すのなら複数業者から査定を受けてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする