車の売却で現金で受け取りたい

この記事の所要時間: 229

車の売却で現金支払い

車の売却に成功すると、売却代金が支払われます。
現在ではどの買取業者でもほとんどの場合で金融機関の口座を指定して、後日売却代金が振り込む方法をとっています。

まだ車の買取が行われるようになった初期の頃は、査定が終わり車を売ることを決めるとすぐに現金で支払われていた事もありましたが、現在は口座への振込が主流になっています。

口座へ売却代金が入金されるのは売買契約を交わしてから早くて1週間以内、遅い場合でも一ヶ月以内に口座へ入金されます。
一ヶ月以上送れる場合は事前に連絡がありますが、この場合は何らかのトラブルが起きている事がほとんどです。

口座への入金は今すぐ現金が必要な人にとっては不利ですが、車の買取業者が口座への入金を指定しているのは理由があります。
車の買取業者が口座への入金を行う理由は、買取直後に直ぐに現金を支払ってしまうと、査定の時点では発見出来なかった車の不具合が発覚した時に、その責任を車を売った側に求めるのが難しい事が主な理由です。

車の買取業者へ車を売ると、車は買取業者が持っていきます。
そして売買契約書に署名捺印して、車が売買されることを確定させます。
そして車の買取業者は自社の工場へ買い取った車を運び、再び検査をして査定の精度が大きく連れていないかを調べます。

ここで査定では見つけられなかった故障やキズなどがあると、一度出した査定額そのままを売却代金として支払えば買取業者側の不利益になってしまいます。
そこで、車の買取業者は買取代金を口座への入金という形にして、検査をする時間を確保しているのです。

車の買取業者が口座への入金をするのは身元確認や盗品買取の防止などの理由がありますが、車の買取業者の自衛策の1つとして口座への入金という形をとっています。

今では大手の車買取業者を含め、業者による車の売買では指定口座への後日入金が主流となっています。

中には例外もある

中小の車販売店などが行う買取では、売却代金をすぐに現金で支払う業者も存在します。
今となっては少数ですが、すぐに現金を確保する必要のある人には便利な業者です。

ただし、現金支払いをしている買取業者は見つける事の方が難しいので、利用するのはあまり現実的とは言えません。
もし現金払い対応の業者を見つけても、対応地域であるとは限らないので利用できる機会は限られています。
現金払いの買取業者を利用できたとしても、相場以下のお金を一方的においていき無理やり車を運んでいくような悪質行為を行う業者も過去に存在していたので、利用をするのなら警戒が必要です。

交渉次第では現金で支払われることも

大手の場合はほぼ無理ですが、交渉次第で現金支払いに応じてくれる業者もあります。
応じてくれる買取業者も少数ですが、全く例がないわけではないので現金払いを希望するのなら一度相談してみるのも良いでしょう。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする