電気自動車の売却について

この記事の所要時間: 449

電気自動車の売却

EV車(電気自動車)は1800年代から研究されていたもので、2000年代になりネックとなっていたバッテリー容量の問題が解決され始めたために、究極のエコカーとして実用化が進んでいます。
電気自動車は短距離移動で利用する時に最も効率的な乗り物で、動力に電池を使ったモーターを使うため長距離移動には向かない代わりに、ランニングコストが安いという特徴を持つ新しい車です。
現在はHV車(ハイブリッドカー)にその技術が応用されていますが、完全に電気のみで走るEV仕様の車も存在します。

現在の電気自動車は電池の性能も上がり、ある程度の距離であれば走れるようになりました。
それでもレジャーに使うには難しいのですが、1回のフル充電で200kmほど走るようになっているので少し遠いところに買い物ヘ行く程度であれば十分利用できます。
運転もしやすく静かなので、短距離の移動を主にしている層に人気のある自動車です。

ここ数年で一般家庭向けの車両も登場し、フォルクスワーゲンからe-up!という電気自動車が販売されるなど、少しづつですが普及に向けた動きが出ています。

長距離走行には向かないという難点がありますが、一度運転すると癖になるほど快適です。
そのため、長距離の運転を必要としない人々からの需要が伸びつつあります。

価格帯は安いもので150万円、高いものになると1,200万円ほどの価格になります。
需要が伸びつつあるとは言え、これまでの燃料で走る自動車と比べると数が少ない事もあり、中古価格はある程度安定していますが、充電施設などの問題もあるため地域によっては中古車が売れにくい場合もあるようです。

そのため、中古として売る場合には地域差も関係してくる場合もあるようですが、大手の買取業者に売却するとその影響は少なく出来るようです。

電気自動車を売却する場合、その価値は年式と共に走行距離が重視されますが、燃料の変わりに電池を使う事から走行距離の影響が、ガソリン車やディーゼル車よりも大きくなる事があります。

年式の影響も大きく、燃料タンクとなるバッテリーは走行しなくても経年劣化を起こすために年式が古くなるとその分査定額にも影響が大きくなります。
この影響はガソリン車やディーゼル車にはないため、電気自動車特有のものです。

電気自動車の場合は長距離走行に向かないので走行距離もあまり伸びにくいのですが、ガソリン車やディーゼル車とは違う燃料である電気を使うため、その価値に影響する部分も異なる部分があります。

最近の電気自動車であれば電池の劣化が少ないので影響も抑えられますが、初期の電気自動車は電池劣化が今のものと比べると進みやすいので、査定への影響が大きくなる事もあります。

電気自動車を高く売却する

電気自動車も自動車の1種なので、車の買取業者に売却出来ます。
現在ではEVと言われるタイプよりもPHVと言われる家庭用コンセントから直接充電出来るものが主流になってきているため、このタイプの方が高く売れます。

売り方はガソリン車やディーゼル車と同じで、買取業者に査定を依頼して査定額に納得できれば売却は完了します。
ほとんどの車の買取業者で買取をしていますが、一部では買取が出来ない業者もあるようです。

電気自動車はまだ一般家庭向けに販売されてから間もないのですが、新しいものは性能が上がっているので年式が古いと安めになる傾向があります。
また、走行距離が長いとバッテリー性能が衰える場合もあるようで、走行距離が長くなると買取価格も大きく落ちる事があるようです。

電気自動車の買取価格もガソリン車と同じ要素で決まると考えて問題ありませんが、価値の下がり方が極端になる場合もあるようなので、高く売るためには買取業者の選択が大事な要素になります。
売り方がガソリン車やディーゼル車と同じなので、高く売る方法も同じ手段が使えます。
車の買取業者に売るのなら、1つの業者に査定を依頼してそのまま売るのではなく、複数の買取業者から査定を取り、査定額を比べてから売却する業者を選ぶ方法です。
車を売る時の鉄則とも言えるこの方法は、どんなタイプの車にも有効で確実な方法です。

複数業者への査定依頼は、自動車専門の一括査定サービスを使うと短時間で終わります。
車の買取業者を調べて、電話番号やメールアドレスに1件づつ査定依頼をする必要がなく、売却に関しての情報も掲載されているので車を売る時には便利です。
相場情報も掲載されていることがあるので、売りたい車の価値を調べる事も出来ます。

一括査定は無料で使えるので、高く車を売りたいのなら一度利用してみてください。

軽トラEV車は高め

EV車には1種類だけトラックが販売されています。
ミニキャブMiEVという車種で、販売価格は170万円ほどですが、中古価格も高めの車種なので高額査定が期待出来ますが、買取業者によって評価に大きな差が出る事もあるようなので、出来るだけ多い業者から査定を取ってみてください。

EV車も複数業者の査定が基本

EV車もガソリン車と同じように、出来るだけ沢山の買取業者の査定を取る事が高く売るために必要です。
年式や走行距離と言った要素も当然影響しますが、これは手を出しようがないものなので、これらを気にするよりも売ろうとしているEV車に良い評価を出してくれる買取業者をどう探すかを考えた方が高く売れやすくなります。

業者を探すにはネット上の一括査定サービスを使うと短時間で複数業者に査定を申し込めます。
3〜5業者程度から査定を取れば、業者間の査定額の差を埋めて一番高い査定額でEV車を売る事が出来ます。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする