ボロボロの車を売るには?

この記事の所要時間: 238

ボロボロの車を売る

車も長く乗っていれば、どこかにトラブルが起きてくるものです。
車は消耗品なので、乗り方や使っている年数、走行距離などによって少しづつその性能が失われてきたり、どこかが壊れてしまう事があります。

性能が落ちたり壊れたりした時は修理をすればその車は自動車としての性能を維持できますが、それも何度も繰り返したり、修理が難しくなるほど乗っていればボロボロになっていくものです。
車の気持ちがあるとすれば、そこまで使ってくれるオーナーはありがたい存在かもしれませんが、いつかは役目を終える時が来ます。

そんなボロボロになるまで乗りこなした車は、売る時になるとなかなか難しい問題に直面します。

ボロボロの車を売るには、工夫が必要

車の状態が良くなく、見た目もボロボロの状態を車を売るには少々の工夫が必要になることがあります。
状態の悪い車を売る時は、いかに高く売るかよりも「売却する」ことを目標にした方が良いかもしれません。

状態の悪いボロボロの車は自動車としての価値が低く、売れない事の方が多いため高く売ることよりも売っていくらかでもお金に変える事を目的にした方が上手くいきやすくなります。

見た目の悪い車を売る

塗装が剥がれていたり、変色やキズの多い車を売る見た目がボロボロの車を売る時には、その車がまだ十分走行出来る事を見てくれる車の買取業者を探す事を優先します。
見た目の悪い車はそれだけで売却にはとても不利なのですが、自動車としての価値で最も重要な走行出来る状態であることを評価してくれる車の買取業者であれば、ある程度の買取価格を提示してくれます。

自動車としての機能に問題のある車を売る

自動車は壊れていなくても走行させる事が出来る可能性があります。
この場合は音や操作の挙動、アクセルを踏んだ時の速度の上がりやすさなどに変化が現れる事が多いのですが、車としてはある程度の速度が出せて、ハンドルやアクセル、ブレーキなどの操作に問題がなければ走行できます。
しかし、壊れかけの状態か壊れても走行は何とか出来る部品が壊れている事には変わりがないため、自動車としての価値は低くなってしまいます。
これらの車を売る時には、自動車の性能や見た目よりも、走ればとりあえず良いという買取業者を探すと買い取ってくれます。

どちらの場合でも一般的な車買取業者では無料引取り有償引取りになる事が多いのですが、輸出を行っている買取業者や自動車部品の中古を取り扱う買取業者であれば、ある程度の価格で買い取られる事があります。

あまりに状態が悪い場合は買取を断られることはありますが、上手く売れればある程度のお金が、また無料引取りになれば処分費用が浮くことになります。
このような買取業者はネット検索をすると沢山出てくるので、対応できる業者があれば連絡をしてみると良いでしょう。

ただし、一般的な車買取業者でも買い取られる可能性はゼロではないので、まずは一括査定サービスなどで査定を受けてみてください。
車種などによっては、意外な値段で買い取られることもあります。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする