車買取の相見積もりについて

この記事の所要時間: 233

車買取の相見積もり

車を買取業者に売る時は、必ず査定という作業を必要とします。
査定は買取業者1つに任せるのではなく、いくつかの買取業者から査定を受ける方が車を高く売れる事を期待出来ます。

車の買取業者の査定はそれぞれ基準が違う事や査定を行う人間の判断によって変わってしまうため、買取業者間での査定額に違いが出てしまうのが普通です。
その差は時に10万円を超える事もあるので、複数の買取業者からの査定は車を売る時に必須と言えるものです。

一般的には一括査定サービスを利用するなどでいくつかの買取業者に査定を申し込むのですが、実際の査定は1社づつ時間を分けて行います。
一社ずつの査定は意外と時間がかかるもので、1回の査定で30分から1時間かかるので査定を受ける業者が増えれば増えるほど必要な時間も増えていく事になります。

売りたい車によっては1時間を超える事もあるので、なかなか大変な作業になるものですが、1つずつ業者の査定を受けていくのではなく、一度に査定をしてもらう方法もあります。

まとめて査定を受ける「相見積もり」

事前に準備をする必要がありますが、査定を申し込んだ買取業者全ての査定日を同じ日、同じ時間にして同時に査定を行う方法もあります。
この方法は相見積もりと言われる方法で、主に時間の短縮が期待出来る方法です。

相見積もりを計画するには、まず査定を申し込む買取業者に相見積もりが可能かどうかを確かめます。
買取業者にも都合があるので断られる事もありますが、積極的に受けようという姿勢が見られる場合は査定額に自信があるか、売ろうとしている車がどうしても欲しいという事かもしれません。

相見積もりの場合、査定は複数の買取業者が同時に、あるいは順番に売りたい車の査定を行います。
そして査定結果を伝えてくるのですが、その査定額は次の買取業者にすぐ知られてしまう事になるので安易な査定額を出し辛くなります。

相見積もりの狙いは査定の時間短縮という意味では実はあまり効果がありません。
多少の時間短縮にはなりますが、大幅な時間短縮が出来るかと言えば難しいものです。

相見積もりを行う理由は「買取業者同士をその場で競わせる」事にあります。
ある意味業者同士がその場で査定額を競う合うことになるので、迂闊な査定額を出してしまうとその車を買い取れないばかりか、ライバルとなる他の業者にも失態を晒す事になります。

この事は買取業者側もよく理解しているので、時に相見積もりを拒否する事があります。
そのため、時に上手くいかない事もありますが、実現すればかなり有利な車の売却がしやすくなります。

日程の調整が面倒、業者によっては拒否してくるという欠点もありますが、実現すれば通常の査定よりも高い値段で売れるかもしれません。
その場で売る気持ちがあるのなら、査定額が出た後にオークションのような形にする事も出来ます。
売り方としては準備に手間がかかりますが、準備できるのなら挑戦してみてください。

一括査定で22万円が62万円に【40万円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「カービュー」です。

【カービューをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国200社以上
  • 約1分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数390万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更などの各種手続きも買取り業者が無料代行してくれる
  • 事故車・不動車でも売却出来る

約1分の入力で、最大8社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
他の業者と比べて比較業者が10社ではないため、一括査定後の手続きが簡単です。

カービューの画像

T-UPなど他の一括査定サイトにはない大手業者も参加しています。

車の売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「カービュー」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「カービュー無料一括見積もりはコチラから出来ます
⇒「事故車の場合はコチラ
⇒「私の車売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする